メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『星界の報告』=ガリレオ・ガリレイ著

 (講談社学術文庫・648円)

近代科学誕生の息吹を体感

 科学革命の立役者の一人であるガリレオ・ガリレイ、彼は『天文対話』など優れた科学書の書き手でもあった。その彼の最初の著作であり、四〇〇年以上も読み継がれる古典、『星界の報告』の新訳が出た。

 新訳を手がけたのは、ガリレオ研究で知られる科学史家の伊藤和行だ。この案内人として適任である。岩波文庫版では木星と衛星の関係図が縦描きになっていたが、本書では一六一〇年の初版の図が使われている。ガリレオが観測した横並びの木星と衛星の様子を追うことができ、ハイライトである木星の衛星の記述を存分に楽しめる。本書が、現時点における訳書の決定版と考えて良いだろう。

 巻末の訳者解説も頼もしい。伊藤の著作『ガリレオ-望遠鏡が発見した宇宙』(二〇一三年、中公新書)も、…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです