陸上

関東パラ選手権 復帰の高桑30秒51 女子200

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
復帰戦で200メートルを走った高桑=岩壁峻撮影
復帰戦で200メートルを走った高桑=岩壁峻撮影

 陸上の関東パラ選手権が1日、東京・町田市立陸上競技場で開幕し、女子200メートル(切断などT44)で右脚の故障から復帰したリオデジャネイロ・パラリンピック代表の高桑早生(エイベックス)がただ一人出場し、30秒51をマークした。男子走り幅跳び(切断などT42)はリオ・パラリンピック銀メダルの山本篤(スズキ浜松AC)が6メートル11で優勝した。

 今大会は国際パラリンピック委員会(IPC)公認レースで、高桑、山本は14日から始まる世界選手権(ロンドン)の最終調整も兼ねて出場した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文703文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集