残業代未払い

大阪・奈良「類塾」 講師を「名ばかり取締役」 退職者ら提訴 京都地裁「労働者」認定、1200万円命令

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪、奈良両府県で進学塾65校を運営する「類(るい)設計室」(大阪市淀川区)が講師らスタッフの大半を「取締役」に就任させ、残業代を払わなかったとして訴訟が相次いでいることが分かった。登記簿上の取締役は6月現在で約400人。複数の訴訟で代理人を務める渡辺輝人弁護士(京都弁護士会)は「取締役とは名ばかりで、実態は従業員。会社は労働法規を守るべきだ」と訴えている。【原田啓之】

 同社は1972年創業で、主に小中学生を対象に進学塾「類塾」を運営。大阪府内の進学校、府立北野高校(淀川区)などに多くの合格者を出すことで知られる。ホームページによると、2013年の生徒数は約2万人。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

ニュース特集