メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/59 迎え舟

 <日曜カルチャー>

恩寵の光とともに

 作家の町田康さんが新作長編『ホサナ』を石牟礼道子さんに送ってきた。700ページの厚い本。目がかすむ石牟礼さんのために私が読み上げる。

 「私はドッグランに行こうとして……」と冒頭辺りを読む。「ドッグランってなんですか」。すかさず石牟礼さんが聞いてくる。知らない言葉を放っておかない。「店の名です」。「はい、はい」と安心した様子なのだ。

 <きょうも雨 あすも雨 わたしは魂の遠ざれき>

この記事は有料記事です。

残り1931文字(全文2140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです