メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野県

森林税の継続に賛否 導入10年割れる評価

立ち木の伐採を行う作業員。こういった間伐作業に森林税が活用されている=長野県提供

 導入から10年目を迎え、継続するかどうかの判断が求められる「森林づくり県民税」(森林税)。今年度末に2期目の施行期間が終わるが、6月22日の長野県議会で阿部守一知事は「継続も視野に」。一方、有識者5人で構成する県地方税制研究会では、基金残高が実質8億円を超えることなどを理由に、慎重な意見も目立っている。

 「基金残高は8億2500万円。1年分の税収をはるかに超える」。5日に県庁で開かれた税制研究会の会議…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1208文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです