メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

決着持ち越し 再度、閣僚協議へ

日欧EPA交渉の現状

 日本と欧州連合(EU)は1日、東京都内で経済連携協定(EPA)交渉の2日目の閣僚協議を終えた。チーズなどEU産農産品や日本製乗用車の関税といった難航分野で意見の隔たりを埋め切れず、決着を持ち越した。交渉を統括する岸田文雄外相は1日夜、記者団に対して「意義ある進展はあったが、これから詰めなければならない重要な論点が残った」と述べ、引き続き7月6日の日欧首脳会談までの大枠合意を目指す方針を強調。首脳会談に合わせて自らEU本部のあるベルギー・ブリュッセルを訪れて、再度閣僚協議を行う意向を示した。

 安倍晋三首相は岸田氏と山本有二農相から首相公邸で報告を受け、引き続き全力で交渉するよう指示した。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです