メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

上昇 訪日客向け開発、地方波及 宿泊施設投資で差拡大

東京都港区高輪の山手線新駅開業予定地の近くでは、ホテル開発が相次ぐ=松浦吉剛撮影

 「爆買い」の減速など訪日旅行客の消費動向の変化を受け、宿泊ビジネスへの投資やホテル開発などが近年、東京から地方に波及している。だが、訪日客を呼び込む魅力や発信力がある地域と、ない地域の差は広がっており、地価の二極化の一因との見方もある。【松浦吉剛】

 品川駅の北約1キロに位置する東京都港区の泉岳寺地区。JR東日本が40年ぶりの山手線新駅開業を発表した2014年以降、ホテルが2施設オープンし、さらに2施設の建設が進む。17年分(1月1日時点)の近隣の路線価は14年分に比べ46・0%も上がった。15年度までの過去5年間に都内で営業許可を受けたホテルなどの宿泊施設の数は、港区や台東区、中央区で増加分が突出している。

 国の統計によると、16年度に着工された全国のホテルなど宿泊施設は1568棟で、リーマン・ショック前の07年度(1384棟)を9年ぶりに上回った。最多は沖縄の262棟。北海道や東京、大阪、京都が100棟以上だ。逆に10棟以下も15県あった。

この記事は有料記事です。

残り2844文字(全文3272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです