メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「小池先生」にもモノ申します 初当選、都民フ・荒木さん「都議選日記」

小池百合子東京都知事(右)とともに支持を求める荒木千陽さん=東京都中野区で2017年6月、渡部直樹撮影

 小池百合子東京都知事を支持する勢力が過半数を占めた2日の都議会議員選挙では、どんな「風」が吹いたのか。「都民ファーストの会」から出馬し、初当選した小池氏の元秘書、荒木千陽(ちはる)さん(35)の「都議選日記」をひもとく。【構成・葛西大博】

決起大会=6月11日

 私にとっての小池先生は、女性政治家のトップランナーです。6年前、熊本から履歴書1枚持って「秘書にしてほしい」と当時衆院議員の小池先生の事務所に押しかけました。縁もゆかりもありませんでしたが、「あなた面白いわね、明日から来てみない」と採用されました。6年間仕えたうち、1年半は先生の自宅に同居しました。ただし、食事や洗濯の世話をしたことは一度もなく、同居人または家族というイメージでしょうか。誕生日にはいつもプレゼントをいただきます。

 昨年、先生が都知事選に出馬表明した時、都議になり支えたいと思いました。中野区を選んだのは、当選後の…

この記事は有料記事です。

残り2231文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです