メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

市村正親 ニーナに見せるつもりで 「NINAGAWA・マクベス」に主演

市村正親さん=藤井達也撮影

 シェークスピアのセリフはそのままに、時代を安土桃山時代に移し、巨大な仏壇の中で運命の悲劇が描かれる「NINAGAWA・マクベス」。昨年5月に亡くなった演出家蜷川幸雄を世界へと押し上げた“伝説の作品”が、一周忌追悼公演として本場英国を含め国内外で上演される。17年ぶりとなった一昨年に続き、マクベスを演じる市村正親。「『うん、いいね、それでいいんだよ。2年前と違った感じでいいよ』って言ってもらえるように。ニーナ(蜷川さん)に見せるつもりでやっています」と力を込める。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです