メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

絡まる竹の生命力 四代田辺竹雲斎さん

公開制作中の四代田辺竹雲斎さん(中央)=日本橋高島屋で2017年6月、高橋咲子撮影

 竹工芸作家、四代田辺竹雲斎さん(44)の竹を使ったインスタレーションが、東京・日本橋の日本橋高島屋の1階正面ホールで11日まで展示されている。欧米など各地で制作してきたインスタレーションの中でも最大。竹という身近な素材を用いつつ、有機的な広がりを感じさせる作品に多くの人が足を止めていた。

 田辺さんは堺市生まれ。東京芸大で彫刻を専攻後、三代目の父に師事。2011年からインスタレーションを手がけ、パリ・ギメ美術館や米メトロポリタン美術館で展示するなど、近年竹工芸に注目が集まる欧米からの誘いも多い。

 6月下旬に高島屋で公開制作した「コネクション」は、約1万本の竹ひごを用いた巨大な作品。工房で約3週…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです