メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

青天の霹靂=大橋拓文(囲碁棋士)

 はじめまして、囲碁棋士の大橋拓文(ひろふみ)です。皆さんは囲碁を楽しまれたことがありますか? 私たちの年代ですと祖父がやっていた、という声をよく聞きます。私が囲碁を始めたのは5歳のとき、プロ棋士になったのは17歳です。そのあたりは、おいおいお話ししますとして--。

 青天の霹靂(へきれき)。今の囲碁界には、この言葉がぴったりです。ニュースでご覧になった方も多いと思いますが昨春、グーグル・ディープマインド社が開発した人工知能(AI)・アルファ碁がプロ棋士に勝利しました。相手は韓国人棋士、李世〓(イセドル)九段です。そして今年5月、アルファ碁の公式戦第2弾が行われました。場所は中国・烏鎮(うちん)。相手は人間最強と評される中国人棋士、柯潔(かけつ)九段。19歳で、とても面白いキ…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです