連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

国会のタヌキ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 梅雨入り前の心地よい風が吹く夜だった。仕事を終え、国会を出ようと衆院の中庭を抜けた所で、突然目の前を右から左に“何か”が横切った。身構えつつ、恐る恐る草むらをのぞくと、そこには1匹のタヌキが……。

 タヌキはこちらを警戒しながらも、ほとんど動かず、互いに見つめ合ってしばしの沈黙。スマートフォンを取り出し、撮影を始めても動かず、根負けした私が先に家…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集