メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/23 日本アドバンストアグリ 植物工場から広がる夢 /滋賀

 日本アドバンストアグリ(長浜市、アグリ社)は11年前、天候や環境に左右されずに作物を安定栽培できる植物工場を整備し、アグリビジネスに乗り出した。自社開発の照明などを使って、栄養価を高めた野菜を生産する技術を確立、その野菜を原料にした健康食品も販売する。ラオスで有機栽培によるハーブティーの栽培も始めており、社長の辻昭久さん(60)は「農業はまだまだ、可能性がある分野だ。チャレンジを続けたい」と話す。【土居和弘】

 アグリ社は、長浜市にある植物工場で、南アフリカなどが原産地の葉物野菜のアイスプラントを水耕栽培する。整然と並ぶ棚の各段で、青白い照明の光を浴び、みずみずしい緑の葉や茎を伸ばす。葉や茎の表面は透明な粒のような細胞で覆われており、シャキシャキした歯ごたえとほんのりと感じる塩味が特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです