メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

奈良市長選 告示 現新4人、舌戦開始 県都の未来と課題巡り /奈良

奈良市長選が告示され第一声を上げる立候補者。(右から届け出順に)井上良子氏、朝広佳子氏、山下真氏、仲川げん氏

 任期満了に伴い2日告示された奈良市長選には、共産新人で党県常任委員の井上良子氏(53)▽無所属新人で元地域情報誌編集長の朝広佳子氏(56)=自民推薦▽無所属新人で弁護士の山下真氏(49)▽無所属現職の仲川げん氏(41)--の4人が立候補を届け出て、県都の未来を占う選挙戦が始まった。中核市で最悪レベルにある財政の立て直しなど山積する課題を巡り、舌戦が繰り広げられる。9日に投開票される。【塩路佳子】

この記事は有料記事です。

残り2024文字(全文2224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです