メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

命の大切さ、子どもたちにも伝えたい DVDで広がり 山陽学園大生、京都の集団登校事故を題材に /岡山

小学生を前に紙芝居「まおちゃんの新しい靴」を読み聞かせる山本さん(奥中央)と画像を操作する上地准教授(同左)=岡山市立石井小学校で、石川勝己撮影

 犯罪被害者支援を学ぶ山陽学園大学(中区平井1)の女子学生3人が、2012年に京都府で集団登校中の児童ら10人が死傷した交通事故を題材に、命の大切さを訴える紙芝居を作り、保育園や小学校で上演している。紙芝居はDVD化して小中学校などに提供しており、赤磐市ではこれを基に中学生が小学校で読み聞かせをした。「命の紙芝居」に込めた学生たちの思いが広がりをみせている。【石川勝己】

 事故は12年4月、京都府亀岡市で発生。無免許の少年が車を居眠り運転して児童らの列に突っ込み、児童2…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  5. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです