メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

命の大切さ、子どもたちにも伝えたい DVDで広がり 山陽学園大生、京都の集団登校事故を題材に /岡山

小学生を前に紙芝居「まおちゃんの新しい靴」を読み聞かせる山本さん(奥中央)と画像を操作する上地准教授(同左)=岡山市立石井小学校で、石川勝己撮影

 犯罪被害者支援を学ぶ山陽学園大学(中区平井1)の女子学生3人が、2012年に京都府で集団登校中の児童ら10人が死傷した交通事故を題材に、命の大切さを訴える紙芝居を作り、保育園や小学校で上演している。紙芝居はDVD化して小中学校などに提供しており、赤磐市ではこれを基に中学生が小学校で読み聞かせをした。「命の紙芝居」に込めた学生たちの思いが広がりをみせている。【石川勝己】

 事故は12年4月、京都府亀岡市で発生。無免許の少年が車を居眠り運転して児童らの列に突っ込み、児童2…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1011文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]