メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

AI時代の将棋界 日本将棋連盟会長、九段・佐藤康光氏

個性表現する戦い見せる

 驚異の中学生棋士、藤井聡太四段(14)の活躍に沸く将棋界。一方で、この同じ2017年は、囲碁同様に将棋が人工知能(AI)に屈した年としても歴史に刻まれる。コンピューターソフトが人間を上回る時代、プロ棋士の存在意義をどこに見いだすか。日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)に聞いた。【聞き手・伊藤和史、写真・丸山博】

--将棋界最高峰の佐藤天彦名人が電王戦=1=で、将棋ソフトのPONANZA(ポナンザ)に0-2で敗れ…

この記事は有料記事です。

残り2854文字(全文3071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです