メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

AI時代の将棋界 日本将棋連盟会長、九段・佐藤康光氏

 驚異の中学生棋士、藤井聡太四段(14)の活躍に沸く将棋界。一方で、この同じ2017年は、囲碁同様に将棋が人工知能(AI)に屈した年としても歴史に刻まれる。コンピューターソフトが人間を上回る時代、プロ棋士の存在意義をどこに見いだすか。日本将棋連盟の佐藤康光会長(47)に聞いた。【聞き手・伊藤和史、写真・丸山博】

--将棋界最高峰の佐藤天彦名人が電王戦=1=で、将棋ソフトのPONANZA(ポナンザ)に0-2で敗れました。

この記事は有料記事です。

残り2861文字(全文3071文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです