メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

英語民間試験で実力向上 長崎・海星高、入試結果と相関性

英検の過去問を使った授業をする出崎教諭=長崎市東山手町の海星高校で、今野悠貴撮影

 <kyoiku no mado>

 大学入試センター試験に代わり2020年度から始まる新テスト「大学入学共通テスト(仮称)」で、英検などの民間試験が活用される。英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)を総合的に測るのが目的で、対象となる現在の中学3年以下の生徒や保護者の関心も高い。特別な対策は必要になるのか。20年以上前から英検を授業で活用している高校を取材した。【吉川雄策、今野悠貴】

この記事は有料記事です。

残り2683文字(全文2876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです