メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

2年連続上昇 最高額25年ぶり更新

名古屋国税局管内で最高路線価となった名古屋駅前の名駅通り=名古屋市中村区で、木葉健二撮影

 国税庁は3日、相続税や贈与税の算定基準となる2017年分の路線価(1月1日時点)を公表した。全国の平均変動率は前年比0.4%プラスとなり、2年連続で上昇した。東京都の最高路線価はバブル期末期を超えて最高額を更新。マイナス金利による不動産投資や再開発の活発化、訪日客を見込んだ店舗・ホテル需要の高まりなどを追い風に、札幌など地方の中枢都市でも上昇が加速しており、下落傾向の地方圏との二極化が顕著だ。

 都道府県庁所在地の最高路線価の上昇は前年より2市多い27都市。東京・銀座の鳩居堂前が上昇率トップの…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです