メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二輪車店

値札のないバイク 娘の形見

形見のバイクを眺めながら、早世した愛娘の思い出を語る山本忠正さん、勝子さん夫妻=広島県尾道市で

 23年間、人手に渡ることなく飾られている250CCのオートバイが、広島県尾道市西御所町の二輪車店にある。中古ながら走行距離は2287キロ。磨かれ新車同然の美しさに、多くの購入希望者が訪れるが、値札は付いていない。店を営む山本忠正さん(78)の長女で、脳腫瘍のため24歳で亡くなった祐子さんの形見だからだ。【渕脇直樹】

 山本祐子さんは、県立尾道東高から岡山県の看護学校に進み、1991年4月に尾道市立市民病院に就職した…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです