将棋

藤井四段敗れる 30連勝ならず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の史上最年少棋士で、公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に101手で敗れてデビュー以来初黒星を喫し、連勝が止まった。竜王戦では姿を消すことになり、今年中のタイトル獲得はなくなった。残り時間は佐々木五段が25分、藤井四段が11分。

 午後9時31分に終局。藤井四段は時折敗戦の悔しさをにじませながらも、落ち着いた表情で受け答えをしていた。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文927文字)

あわせて読みたい

注目の特集