特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖地からTOKYOへ

/中 芦田創=トヨタ自動車/前川楓=チームKAITEKI

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮間俊樹撮影
宮間俊樹撮影

勝つための意識改革 芦田創=トヨタ自動車

走り幅跳びで飛躍へ 前川楓=チームKAITEKI

 パラリンピック初出場だった昨年のリオデジャネイロ大会を経た陸上界のホープ2人にとって、国際パラリンピック委員会(IPC)世界選手権(14~23日、ロンドン)は成長した姿を見せる舞台と位置づけられている。

 リオの男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した芦田創(はじむ、23)=トヨタ自動車=は個人種目でふがいない結果に終わった自分を許せなかった。走り幅跳び(切断などT47)では金メダルの米国選手の7メートル41に対し、6メートル52で12位。「本当に悔しかった」。同好会で陸上に取り組んでいた早大時代は、4年になった2015年に競走部に入ってトップレベルの選手たちに食らいついてきた。それでも、世界の壁は高い。元来の向上心が一層かき立てられた。

 冬場のトレーニングに加え、リオの走り幅跳びで銀メダルと4位の選手を出した中国に遠征したのは、意識改革をするため。「体格では負けていないのに、貪欲さが違う」と自己を見つめ直す契機にもなった。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1266文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集