メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

壁画下絵

洋画家・中山正実 76年ぶりの帰郷 母校・神戸大に寄贈 /兵庫

神戸大講堂の壁画3部作の一つ「雄図」の下絵を寄贈したエンゲルさんと妻の理佐さん、娘の摩耶さん=神戸市灘区の同大で、松本杏撮影

 神戸出身の洋画家・中山正実(1898~1979年)が神戸大(神戸市灘区)の講堂に描いた壁画「雄図」の下絵がこのほど、米国在住の美術商、クリス・エンゲルさん(40)から中山の母校の同大に寄贈された。下絵の裏に「国益のため手放し愛惜に堪えない。安住の所を得たらすぐ知らせてほしい」と書かれ、エンゲルさんは「中山さんに縁のある所へ返すことができてうれしい」と話した。裏書きの日付は太平洋戦争開戦直前の41年秋で、76年ぶりの帰郷となった。【松本杏】

 中山は神戸高商(現神戸大)を卒業後、東京の川端画学校で藤島武二に師事した。21年に帝展初入選を果たし24年に渡欧。パリの美術展で認められイタリアで壁画を研究した。27年に帰国し5回連続で帝展に入選したが、32年に旧制神戸商大(同)の依頼で図書館壁画「青春」の制作に専念。35年の完成直後に講堂の壁画3部作(雄図、富士、光明)に着手し38年に作り上げた。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです