資産公開

知事所得2269万円 県議最多は大島氏5144万円 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 知事や県内市長らの2016年の所得と新たに所有した資産、関連会社などが3日までに公開された。県庁や各市役所で閲覧できる。

 湯崎英彦知事の所得は計2269万円(1万円未満切り捨て。以下同じ)で、前年比292万円増えた。うち給与所得は、財政難のため特別職の給与を10%カットしていた措置を「危機的状況は脱した」として16年4月に元に戻したため、同264万円増の2203万円だった。広島市の松井一実市長の給与所得は2027万円だった。

 所得公開は昨年1年間在任した人が対象で、昨年12月に就任した江田島市の明岳周作市長の所得は公開されていない。公開対象の県議64人のうち最多の所得は大島昭彦氏(東区)の計5144万円だった。【竹内麻子】

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集