安倍首相

毎日新聞インタビュー 立ち止まるべきだ=政治部長・佐藤千矢子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都議選で自民党が歴史的惨敗を喫した翌日、安倍晋三首相は毎日新聞のインタビューに終始、硬い表情で答え、衝撃の大きさをうかがわせた。

 首相は「厳しい叱咤(しった)」「深く反省」「信頼回復に全力」「自省」と反省の弁を重ねた。一方で、学校法人「加計学園」の問題では、「個別具体的に指示したり、働きかけたりは一切ない」「プロセスがゆがめられたという発言に戸惑っている」と語った。

 だが、こうした説明では国民は納得しないだろう。首相が言うように、首相自身は指示をせず、手続きに問題がなかったとしても、国民は「首相に近い人たちを優遇する不公平があったのではないか」と疑い、それが選挙結果にも表れたのではないか。国民感覚とのずれを感じる。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文688文字)

あわせて読みたい

ニュース特集