メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

チーズに低関税枠 打開へ日本側検討

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉を巡り、EUが市場開放を求めるチーズの一部について、低関税の輸入枠を設定する案が浮上していることが分かった。交渉は大枠合意に向けて大詰めを迎えているが、チーズの関税の扱いは両政府間の主張に隔たりが残っており、日本政府は打開を図りたい考えだ。

 日欧は6日の首脳会談での大枠合意を目指して、東京都内で6月30日と1日の2日間、岸田文雄外相とマルムストローム欧州委員(通商担当)らが閣僚協議を行った。しかし、EU産チーズや日本製乗用車の関税を巡って、完全に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです