連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

国際決済銀行の保護貿易批判=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国際決済銀行(BIS)は各国中央銀行を構成員としたスイス・バーゼルの金融組織だ。銀行経営の健全性の維持を通じた金融システムの安定性確保を担う。

 国際業務を行う大銀行に、金融変動時の財務的衝撃の吸収のための厚い自己資金の積み上げを迫る。昨今では中長期的な世界経済課題の指摘も行う。

 昨年の年次報告書は、負債の重荷、低い生産性の伸び率、政策空間の狭小化という各国経済での3要因の相互関係を「リスクをはらんだ三位一体(父と子と聖霊)」と呼び注意喚起を行った。

 影響はイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の金融政策の余地拡大のための金利水準引き上げ示唆に及んだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文694文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集