メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

バブル期上回る 東京一極集中が加速、都心開発が後押し

宮城県内で最も路線価が上昇した仙台市青葉区の広瀬通り=鈴木一也撮影

 国税庁が3日公表した2017年分の路線価(1月1日時点)で、東京都内の最高路線価が1平方メートル当たり4032万円と、ピークだったバブル期の最高額を25年ぶりに更新した。経済の東京一極集中が加速し、地方との格差が拡大した格好だ。

 東京都中央区銀座5の銀座中央通り(鳩居堂前)の路線価は32年連続日本一で、1992年の1・1倍に達した。

 商業ビルやホテルの開発が後押ししたとみられ、不動産調査会社、東京カンテイの井出武・上席主任研究員は…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1338文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです