メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

犬の車酔い、訓練で克服

レオンベルガー(右)とボストンテリアが一緒にお出かけ。事故防止のため小型犬はケージに入れるとよい

 犬を車に乗せて出かけたら、具合が悪くなってしまった、という経験はないだろうか。動物にも乗り物酔いはある。旅行や帰省のシーズンを前に対策をまとめた。

 ●小刻みに段階踏む

 犬のしつけや問題行動に詳しい増田宏司・東京農業大教授(動物行動学)によると、犬の乗り物酔いは人間と同じメカニズムで、耳の中の三半規管が振動で刺激されて起こる。嗅覚が鋭いため、家にないにおいに敏感に反応してしまう。主な症状として、落ち着きがなくなる▽表情がうつろになる▽よだれを垂らす▽ほえる▽震える▽あくびや嘔吐(おうと)--が知られる。

 動物病院へ連れていくときだけ車に乗せていると、緊張や恐怖といった過去の嫌な記憶を思い出し、車を見た…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです