メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ巨大地震

内閣府方針 揺れない地域も避難を 本震、余震の可能性

 内閣府は3日、南海トラフ巨大地震の対策を検討する中央防災会議の作業部会で、南海トラフの震源域の一部で大規模地震が発生した場合、連動して大規模な余震、本震が発生する確率が高いと予測される別の地域の住民にも避難を促す考えを明らかにした。有識者らの意見を聞き、今年度まとめる作業部会の報告書に盛り込む。

 作業部会は、南海トラフの震源域(東海地方沖から九州地方沖にかけて)の半分程度の領域でマグニチュード(M)8以上の大規模地…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです