連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/3 ロックバンド「くるり」岸田繁さんの電車 胸躍る「プシュ」「タタン」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪急嵐山線を走る6300系と記念撮影する岸田繁さん。右手には阪急カラーのスマホケース=清水有香撮影
阪急嵐山線を走る6300系と記念撮影する岸田繁さん。右手には阪急カラーのスマホケース=清水有香撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

配色や品格、阪急に愛着 自身の曲の「隠し味」にも

 京都・阪急烏丸駅の地下ホーム。梅田方面行きの準急列車が止まると、ロックバンド「くるり」の岸田繁さん(41)がうれしそうに声を上げた。「これに乗ってもいいですか?」。予定より1本早い列車に飛び乗り、前方の車両へずんずん歩く岸田さんの背中を慌てて追う。

 「この電車は3300系で、僕の好きな車両です」。ポケットから取り出したスマホケースは車体と同じ小豆色(阪急マルーン)。そこには「3305」の車両番号が! 「3300系は1967年から126両製造されましたが、今は少しずつ減っています」。電車はヒャーと高い音を立てて走る。「このモーター音が音楽の原体験です」

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1894文字)

あわせて読みたい

注目の特集