日欧EPA

「自由貿易の旗、重要」6日大枠合意目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は4日、大詰めを迎えている日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉に関する関係閣僚会議を首相官邸で開いた。5日からEU閣僚と再協議する岸田文雄外相が交渉状況を報告し、6日の日欧首脳会談で大枠合意を目指す方針を改めて確認した。

 会議で、安倍晋三首相は「世界の保護主義的な動きの中で、大枠合意を実現して日欧が自由貿易の旗を掲げることは極めて重要」と強調。そのう…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集