メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミンダナオ島

同じイスラム教徒がなぜ…国軍と過激派交戦

通行のための書類を確認する兵士=フィリピン南部ミンダナオ島マラウイのエミプヌットで2017年7月2日午後、西脇真一撮影

 フィリピン国軍と、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う地元過激派による交戦が続く南部ミンダナオ島マラウイ中心部に近い集落エミプヌット。大半の住民が近郊のイリガンなどへ避難する一方で、一部は戦闘におびえながらも自宅に戻って暮らしていた。「同じイスラム教徒なのに、なぜあんなことを」。日常を突然奪われた住民から、過激派を強く非難する声が聞かれた。【マラウイで西脇真一】

 イリガンからマラウイまで約30キロ。日曜日だった今月2日、イリガンの街には乗り合いタクシー「ジプニ…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1163文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです