メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒアリ

大阪に女王アリの死骸か、国内繁殖の可能性

名古屋港で見つかったヒアリ(働きアリ)=環境省提供

 環境省は4日、大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ「ヒアリ」の女王アリとみられる死骸を1体見つけたと発表した。これまでに神戸港などで見つかったヒアリはいずれも働きアリで、女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。ヒアリの女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むとされ、現地で定着して繁殖していた可能性がある。

 大阪南港では、別の特定外来生物のアカカミアリが見つかったため、6月末に周辺を駆除したところ、3日にコンクリートの割れ目などからヒアリとみられる死骸約50体を回収した。そのうちの1体は形状などから女王アリとみられ、分析を進めている。体長は約1センチ(働きアリは2.5~6ミリ)。

 ヒアリは、ブラジルやアルゼンチンなど南米中部の内陸部が原産地の特定外来生物。これまでに兵庫県尼崎市と神戸港、名古屋港で働きアリが確認されている。雑食性で、何度も刺す強い攻撃性を備えている。【伊藤奈々恵、五十嵐和大】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま市議 「首つって死ね」委員会暴言、取り消し謝罪
  2. 平昌五輪 IOC対策に死角 OAR選手薬物陽性疑い報道
  3. ドーピング 禁止物質検出の斎藤慧コメント全文
  4. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
  5. 五輪スノーボード 岩渕、彗星のごとく 女子最年少16歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]