ヒアリ

大阪に女王アリの死骸か、国内繁殖の可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋港で見つかったヒアリ(働きアリ)=環境省提供
名古屋港で見つかったヒアリ(働きアリ)=環境省提供

 環境省は4日、大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ「ヒアリ」の女王アリとみられる死骸を1体見つけたと発表した。これまでに神戸港などで見つかったヒアリはいずれも働きアリで、女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。ヒアリの女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むとされ、現地で定着して繁殖していた可能性がある。

 大阪南港では、別の特定外来生物のアカカミアリが見つかったため、6月末に周辺を駆除したところ、3日にコンクリートの割れ目などからヒアリとみられる死骸約50体を回収した。そのうちの1体は形状などから女王アリとみられ、分析を進めている。体長は約1センチ(働きアリは2.5~6ミリ)。

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集