メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台風3号

市民の足を直撃 長崎で石垣崩落 九州上陸

長崎市の諏訪神社付近で起きた崖崩れの現場=長崎市上西山町で4日午前9時54分、今野悠貴撮影

 今年初めて九州に上陸した台風3号の影響で、4日午前は九州新幹線が一時全線で運休となるなど交通機関が乱れ、市民の足を直撃した。また、台風が上陸した長崎や熊本両県では強風と大雨に見舞われ、崖崩れや工事現場の足場が倒壊するなどの被害が出た。【遠山和宏、浅野孝仁、城島勇人】

 JR九州は午前9時半から約1時間、九州新幹線の上下線で運転を見合わせ、福岡市の博多駅では利用客が駅員に運行状況を問い合わせる姿が目立った。

 福岡で友人に会って鹿児島市に帰るところだった主婦の早渕(はやふち)京子さん(54)は新幹線の改札口…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文667文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです