日欧EPA

チーズに低関税枠 打開へ日本側検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉を巡り、EUが市場開放を求めるチーズの一部について、低関税の輸入枠を設定する案が浮上していることが分かった。交渉は大枠合意に向けて大詰めを迎えているが、チーズの関税の扱いは両政府間の主張に隔たりが残っており、日本政府は打開を図りたい考えだ。

 日欧は6日の首脳会談での大枠合意を目指して、東京都内で6月30日と1日の2日間、岸田文雄外相とマルムストローム欧州委員(通商担当)らが閣僚協議を行った。しかし、EU産チーズや日本製乗用車の関税を巡って、完全に折り合うこ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集