ヒアリ

判別法、ホームページなどで近く公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋港に到着したコンテナに付着していたヒアリ=環境省提供
名古屋港に到着したコンテナに付着していたヒアリ=環境省提供

 強い毒を持つ外来種「ヒアリ」が国内で見つかった問題を受け、環境省は3日の関係省庁連絡会議で、ヒアリの見分け方を、近くホームページなどで公表する方針を示した。神戸港や名古屋港で見つかって以降、同省や各地の博物館などには問い合わせが殺到しているという。

 同省はアリの研究者から助言を得て、「黒いアリや、…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集