メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の壁を見つめて

/2 人ごとでは解決しない 自分たちはどう変わったか

大空小学校初代校長の木村泰子さん=大阪市北区で2017年6月19日午前11時26分、長尾真希子撮影

「みんなの学校がっこうもと校長こうちょう 木村泰子きむらやすこさん

 みんなに居場所いばしょを--。大阪市立大空小学校おおさかしりつおおぞらしょうがっこうでは、特別支援教育とくべつしえんきょういく対象たいしょうとされるどもをふくむすべてのどもたちが、おな教室きょうしつまなんでいます。だれもがかよつづけられる学校がっこうづくりを実現じつげんしています。初代校長しょだいこうちょうつとめた木村泰子きむらやすこさんが、相模さがみ原障害者施設殺傷事件はらしょうがいしゃしせつさっしょうじけんから1ねんかえりました。【まとめ・長尾真希子ながおまきこ

    事件じけん社会しゃかいんだもの

     この1ねんなにわったかというと、なにわっていないとおもいます。

     あの事件じけんは、異常いじょうつみおかしたひと日本社会にほんしゃかいから排除はいじょしてわろうとしています。事件じけんこしたひとは「重度じゅうど知的障害者ちてきしょうがいしゃきていても意味いみがない」といました。「だから自分じぶんはいいことをした。価値かちのない人間にんげん抹殺まっさつした」という主張しゅちょうです。こうした主張しゅちょうをするひとんでしまったことにたいして、日本にっぽんなにわっていません。

     また、くなったかたたちは匿名とくめいでしか報道ほうどうされませんでした。「家族かぞくのたっての希望きぼう」というのはわけぎません。家族かぞくに「かないで」とわせる日本社会にほんしゃかい匿名とくめいでしか報道ほうどうできない日本社会にほんしゃかいつくっているのは、まぎれもなく自分じぶんたちです。いま、「自分じぶんたちはこの1ねんでどうわった?」というところがわれています。

    だれ排除はいじょしない学校がっこうづくり

     大空小おおぞらしょうでは、インクルーシブ教育きょういく障害しょうがいという言葉ことば使つかいません。インクルーシブというのは、障害しょうがいがあると、ないがただ一緒いっしょおな教室きょうしつまなぶということではありません。大切たいせつなのは、一人ひとりとして排除はいじょしないということです。障害しょうがいのある健常けんじょうというようにけること自体じたい差別さべつです。大空小おおぞらしょう地域ちいききているどもをだれ一人ひとりとして排除はいじょせず、安心あんしんしてまなべる居場所いばしょつくるというのを最低限さいていげん使命しめいとしている学校がっこうです。

     大空小おおぞらしょう卒業そつぎょうしたどもたちが、あることをきっかけに学校がっこうかえってたことがあります。べつ小学校しょうがっこう卒業そつぎょうした同級生どうきゅうせいが、重度じゅうど知的障害ちてきしょうがいおな教室きょうしつまなぶことを「邪魔じゃまや、とった」とのこと。「おれらの小学校しょうがっこうでは、こういうやつらはちが教室きょうしつ勉強べんきょうしていた。てゆうか、こいつらきている値打ねうちあるんか」とったそうです。相模さがみはら事件じけんきるまえ出来事できごとですが、この言葉ことば事件じけんこしたひとっていた言葉ことば一緒いっしょです。

     はなしくと、どもたちは「そんなことをらって、不幸ふこうやろ。それってどうしたらいい?」という相談そうだんていたんです。これこそ、障害しょうがいある、ないも関係かんけいなく、6年間ねんかんいつも一緒いっしょたりまえたがいにまなびあっているどもたちが獲得かくとくしたものすごいちからなのではとおもいました。

     必要ひつようなのは、あの事件じけんひとごとでなく、自分じぶんごととしてとらえることです。そうしないかぎり、事件じけん解決かいけつしないとおもいます。=つづく


     □プロフィル

     大阪市出身おおさかししゅっしん。2006ねん開校かいこうした大阪市立大空小学校おおさかしりつおおぞらしょうがっこう初代校長しょだいこうちょう先生せんせいになって45ねんむかえた15年春ねんはる退職たいしょく現在げんざいは、全国各地ぜんこくかくち講演活動こうえんかつどうをしている。


     ■ことば

    インクルーシブ教育きょういく

     インクルーシブは英語えいごで「すべてをふくんだ」という意味いみです。すべての地域ちいき学校がっこう普通学級ふつうがっきゅうまなび、一人ひとり一人ひとり必要ひつよう支援しえん配慮はいりょけられるようにする教育きょういく仕組しくみです。1994ねん国連教育科学文化機関こくれんきょういくかがくぶんかきかん(ユネスコ)がとなえ、世界せかいひろがりました。日本にっぽんでは障害しょうがいがあるとないけて教育きょういくをしてきました。見直みなおしのうごきはありますが、地域ちいきによってみにはがあります。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    2. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]