メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『母ではなくて、親になる』山崎ナオコーラ・著

育児経験の有無では文章の読みは変わらない

◆『母ではなくて、親になる』山崎ナオコーラ・著(河出書房新社/税別1400円)

 自分の経験にすぎないのに、それをいつの間にか「社会は」「大人は」「女は」といった大きな主語に膨らませていく言説を信用してはいけない。その話法を特権的に使う物書きはまだまだ多い。特権は、とりわけ年齢や育児の話題に集中しやすい。「自分が○歳の頃には……」や「子どもを育てると分かるけど……」などと、経験を社会全体に強いようとする。

 山崎ナオコーラの出産・子育てエッセイは、自分の経験を他者に強いない。「今、私は育児エッセイを書いて…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです