メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『世界の屋台メシ』ジャン=フランソワ・マレ/著

すっと飲み食いできる自由さをまとっている

◆『世界の屋台メシ』ジャン=フランソワ・マレ/著 いぶきけい/訳(グラフィック社/税別2500円)

 この写真集のタイトルを知り、そして手に取るまでの、ほんの短いあいだ、どうにも寂しい気分でいた。なぜかというと、屋台でなにか食べたり飲んだりするなんて、今は自分の日常にほとんどないことだから。上京したての十数年前、新宿駅東口に出ていたおでん屋台でよく飲んでいたのを思い出した。今はもう跡形もない情景の中で。

 『世界の屋台メシ』をめくりはじめると、そんな感傷は吹き飛んだ。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  3. 福知山線脱線 「代理受傷」出口探して 兵庫の夫婦が手記
  4. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです