メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『世界の屋台メシ』ジャン=フランソワ・マレ/著

すっと飲み食いできる自由さをまとっている

◆『世界の屋台メシ』ジャン=フランソワ・マレ/著 いぶきけい/訳(グラフィック社/税別2500円)

 この写真集のタイトルを知り、そして手に取るまでの、ほんの短いあいだ、どうにも寂しい気分でいた。なぜかというと、屋台でなにか食べたり飲んだりするなんて、今は自分の日常にほとんどないことだから。上京したての十数年前、新宿駅東口に出ていたおでん屋台でよく飲んでいたのを思い出した。今はもう跡形もない情景の中で。

 『世界の屋台メシ』をめくりはじめると、そんな感傷は吹き飛んだ。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  3. 富田林署逃走 事前に計画か 接見終了、署員に声かけなく
  4. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  5. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです