メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ヨーロッパ一の充実度、イギリスを代表する白亜の宮殿~ロイヤル・オペラハウス

ロイヤル・オペラハウスの外観

 ロンドンのロイヤル・オペラハウスは、数あるヨーロッパの大歌劇場のなかでも、設備、公演内容とも際立った充実を誇る劇場だ。劇場街の近くに建つ白亜の劇場は、ニューヨークにおけるメトロポリタン・オペラ同様、ロンドンのパフォーミングアーツの総本山といってもいいだろう。

 外観は堂々として、ギリシャ神殿のよう。とはいえ意外に窮屈な感じがするのは、メトロポリタン・オペラやスカラ座のように広場に面していないためだろう。だが内部の空間はきわめて広く、豪華。というのも1990年代後半から2000年にかけての改築のおかげで、とくにホワイエの部分が大きく拡張されたのだ。新しい部分のメインは温室を思わせるガラス張りで、中央には華やかなシャンパンバーが設けられ、周囲をレストランのテーブルが囲む。それ以外にも天井桟敷(アンフィシアター)の広々としたバールやレストラン、ソファも置かれたバルコニー、オペラの映像ソフトなどを売る売店などがあり、公演前後や休憩中の楽しみがぐっと広がった。一方で、昔からの古い建物にも、ぎしぎし鳴る床に敷き詰められた赤い絨毯(じゅうたん)や、クラシックな大シャンデリアがレトロな雰囲気を醸し出すバールやレストランがひしめいている。幕あいには、ロイヤル・オペラ名物の、劇場名入りのアイスクリーム(ほかの劇場ではまずお目にかかったことがない。日本の新国立劇場ではハーゲンダッツのアイスクリームが売られているが……)を売る屋台が出る。劇場全体が、ちょっとした「街」のようだ。

 もちろん、劇場内部も華麗な空間。およそ2200席を数える馬蹄(ばてい)形の劇場は、イタリアの伝統的…

この記事は有料記事です。

残り3645文字(全文4333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです