メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜化石

全長7メートル、ティラノの?歯 8000万年前 熊本

熊本県で見つかった歯の化石=福井県勝山市の福井県立恐竜博物館、岸川弘明撮影

 熊本県天草市の約8000万年前(白亜紀後期)の地層から、全長7メートル超と推定される大型肉食恐竜の歯の化石が見つかった。同市立御所浦白亜紀資料館と福井県立恐竜博物館が5日、発表した。膨らみのある楕円(だえん)形の断面は、ティラノサウルス科に似ているという。

 化石は両館が行った共同調査で2014年10月、天草市天草町の海岸で収集した石の中から見つけた。

 その後の分析で恐竜の歯(長さ42ミリ、幅25ミリ、厚さ16ミリ)と判明。歯は周りの石の痕跡から長さ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです