メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロビイタヤ

絶滅危惧の樹木自生 日光で県内初確認 /栃木

クロビイタヤの特徴の一つ、翼果と呼ばれる実=いずれも日光市土呂部で

 環境省のレッドリストで絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されているカエデの一種「クロビイタヤ」が、日光市土呂部(どろぶ)の山林で自生していることが県内で初めて確認された。これまでは県内で分布していないと考えられてきたが専門家は「学術的価値の高い発見だ」と評価している。【花野井誠】

 クロビイタヤはムクロジ科の落葉高木。寒冷地の河川沿いなど湿生地に自生し、国内では北海道や東北、群馬、長野県で分布が確認されている。樹皮が黒いことから「黒皮板屋」とも記される。5~6月に薄い黄緑色の小さな花を咲かせ、翼果(よくか)と呼ばれるプロペラのような実を付けるのが特徴だ。

 日光市土呂部地域で希少な草原の保全に取り組む「日光茅(かや)ボッチの会」と、市内で植物の生息調査を…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文786文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  4. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害
  5. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]