特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

香川大会 出場選手紹介/下(その1) /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆三本松

切れ目ない打線で圧倒

 大会屈指の右腕・佐藤圭悟投手(3年)を擁し、春の県大会を制した三本松。しかし目指すのは打ち勝つ野球だ。思い切りのいい大久保祥吾選手(2年)らを中心に、切れ目のない打線が魅力。日下広太監督は「アルティメットクラッシュ」と掲げ、どんな相手にも力を出し切り、圧倒することを目指す。

 チームが大切にしているのは準備。毎日、練習前にはスパイクを磨き、ベンチのホワイトボードに個人目標を書く。緊張感を持ち、課題を明確にすることで練習内容が濃くなるという。ボードには、月間、中間、そして最終目標の「甲子園優勝」が記される。渡辺裕貴主将(3年)は「日々の目標を積み重ねることが最終目標につながる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1991文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る