メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

対策急げ、海洋ごみ問題 国境超え一人一人の地道な努力を

 深刻化に歯止めが掛からない海洋ごみ問題。国境を超えた対策の必要性が叫ばれ、主要7カ国(G7)はようやく対策に向けて動き出した。だが実際は「ごみを減らす」など、一人一人の地道な努力が重要だ。急増しているプラスチックごみの現状を報告する。【荒木涼子】

 ●急増、漂う「MP」

 多くの観光客でにぎわうお台場海浜公園を望む東京湾の一画。よく晴れた6月のある日、市民団体「海をつくる会」のメンバーなどによる海底の清掃活動が行われた。約50人が袋状のネットを片手に潜る。程なく、汚れたペットボトルやアイスクリームの袋などのプラスチックごみでいっぱいに。5年前から参加しているさいたま市の会社員、田畑寿規さん(35)は「海底のヘドロに手を入れると、すぐにごみに当たる。プラスチックごみの多さは変わらない」。

 プラスチックのごみの増加は、今や世界的な環境問題となっている。環境省によると、世界のプラスチックの…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1068文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
  5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]