連載

野鳥とともに

毎日新聞デジタルの「野鳥とともに」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

野鳥とともに

/4 天売島(北海道羽幌町) 世界最大のウトウ繁殖地

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
夕暮れ時に巣に戻ってきたウトウ=「北海道海鳥センター」石郷岡卓哉さん撮影
夕暮れ時に巣に戻ってきたウトウ=「北海道海鳥センター」石郷岡卓哉さん撮影

 天売(てうり)島は、北海道北西部の羽幌(はぼろ)町の沖にある周囲約12キロの島です。豊かな海の恵みを受けたこの島。東側には約320人が暮らす集落がある一方、島の西側から北西側にかけては人が近付けない急峻(きゅうしゅん)な崖とクマイザサなどの自生する草地が広がり、8種類、約100万羽の海鳥が繁殖しています。

 中でもウミスズメの仲間であるウトウは、約40万つがいが生息し、世界最大の繁殖地となっています。3月、繁殖のシーズンを迎えたウトウは、太いオレンジ色のくちばしとその根元に白い突起があり、目とくちばしの後ろには特徴ある白い飾り羽が生えています。斜面の草地に穴を掘り、4月に卵を一つ産みます。5月から7月にかけては、ひなに与える小魚をたくさんくわえて巣に戻ってくる親鳥の様子が観察できます。約80万羽のウ…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文874文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集