メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『財界』 村田博文・主幹

「息抜きは週末に帰る甲府の実家での野良仕事と犬と遊ぶこと」と話す村田博文さん=八木正撮影

 (財界研究所・第2、第4火曜日発売 特大号740円(通常号は630円))

 1953年に創刊された総合ビジネス誌「財界」。主な読者層は企業の40代後半からの中堅幹部という。新聞社から「財界」編集部に転籍して40年。現在は発行元の財界研究所社長と「財界」主幹を兼務する村田博文さんに、経営トップを取材するコツを尋ねた。【井上志津】

 「財界」は53年に経済評論家、三鬼陽之助さんが創刊した。経営者や経済人など社会的影響力の大きい財界人のインタビューを中心に構成し、それは今も変わらない。村田さんは77年に新聞社から転籍。「当時から『企業経営は人なり』が編集理念。必ず人に会って話を聞くことが求められました」

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです