メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 社会保障の持続可能性=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

カギ握る介護予防

 日本は人口減少社会に突入した。大阪府も人口が減っているから、田舎の話ではない。2010~15年の5年間に人口が減少した都道府県は39道府県(82・9%)、増加はわずか8都県で2割を切っている。全国の1719市町村でみても、8割に上る1416市町村で人口が減少した。

 もう一つ、社会保障の持続可能性が危惧される人口構造の変化が進行している。それが75歳以上の後期高齢者の増加である。

 後期高齢者が増えると、医療・介護ニーズが量的に増えるだけでなく、質的にも変化する。入院・入所者の増加に加え、高齢者の1人暮らしや高齢夫婦のみの世帯の増加に伴う、虚弱層の生活支援ニーズ、健康層を含む介護予防ニーズなどが増大する。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです