JOC

竹田会長再任、10期目 強化本部長に山下氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JOC会長に再選され、記者会見する竹田恒和氏
JOC会長に再選され、記者会見する竹田恒和氏

 日本オリンピック委員会(JOC)は4日、理事・幹事改選後初の理事会を開き、竹田恒和会長(69)の再任を全会一致で決めた。竹田会長は10期目。新執行部も承認され、1984年ロサンゼルス五輪柔道金メダリストの山下泰裕・全日本柔道連盟会長(60)が新たに選手強化本部長に就任した。任期はいずれも2年となる。

 3人の副会長はいずれも定年で退いて新任となり、専務理事を兼任する平岡英介・日本ボート協会理事(69)、斎藤泰雄・元駐仏大使(69)、橋本聖子・日本スケート連盟会長(52)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文414文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集