メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

角界随想 強豪校、愛情指導の25年

 「コウちゃん、もっと足上げて!」。全国高校総体(インターハイ)相撲団体で史上最多9回の優勝を誇る埼玉栄高の山田道紀監督(51)が、片足を上げて腕立て伏せする納谷幸之介(3年)に喝を食らわした。「中学入学時の5年前は太りすぎていた。病気になって、もたないと思った」と、現在は約20人の部員を引っ張る主将の様変わりに驚く。

 納谷は大相撲の幕内優勝32回を誇る元横綱・大鵬の孫で、2000年春場所で幕尻優勝した元関脇・貴闘力…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. 和歌山市の5分の1の世帯が19~22日に断水 漏水の修繕工事で

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです