メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家計診断

記者が受診 老後破産のチェックポイントとは

家計診断をしてくれたCFP(上級ファイナンシャルプランナー)の本間慶喜さん=東京都港区の日本FP協会で2017年5月30日、高山純二撮影

 「老後破産の可能性もあります」--。ファイナンシャルプランナー(FP)の言葉に、45歳の私は心の中で「まずいなあ」とため息をついた。簡易な家計診断を受けてみると、予想外の結果が待っていた。【高山純二/統合デジタル取材センター】

 今年4月、定期異動により東京都内で単身赴任となった。1人暮らしで自由な時間が多くなると、あれやこれや考える。ネットサーフィン中、「老後破産」「老後貧乏」の文字が目にとまった。「俺の老後は大丈夫なんだろうか?」。老後の不安解消のため、取材も兼ねて家計診断を受けることにした。

 ご協力いただいたのは日本FP協会のCFP(上級ファイナンシャルプランナー)資格を持ち、税理士でもあ…

この記事は有料記事です。

残り2181文字(全文2482文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです